二日目のプロトタイプ、テーマは「勝負」

ポタライブプロトタイプス(について詳しくはミセ#46に詳しく書く予定です)2日目。3月15日のテーマは「勝負」
アートは勝ち負けを目的にはしませんが、勝ち負けがはっきりしちゃうジャンルです。ユエに負けず嫌いというのは表現者にとって損な資質ですが、もっている感情はしょうがない。うまく使えば表現力をあげる動機になるのですよ。この日は、実は負けん気が強い人が集まってしまいました。ならば、勝負と見立てて楽しんでしまおうという趣旨です。案内役の岸井の役割はレフリー。
10時から伊東さん、11時から笠井さん、ITOOさんで昼休み。
午後から根岸さん、最後が島林さん。力作且つ本番での効果が最大にでるプランでみんな望んでいます。そう、負けず嫌いのもうひとつの長所に「周到さ」があります。
結局、人気があった二本は、笠井さんとITOOさんのもの。キャストも綺麗に二つに分かれました。同一主位が出てしまうのも、負けず嫌いが集まるとよく起きることではないかと思います。
そして、今日手があがった二人は、僕の中級を最後までうけてくれている人たち。やっぱり僕のワークショップは有効だなあ、と、レフリー自ら勝ち負けに拘ってみます。

ポタライブプロトタイプスB

伊東沙保笠井里美島林愛根岸由季Kaz'shi ITO'O 

3月15日(日) 10時京王井の頭線渋谷駅西口改札前待合せ 17時終了予定

ポタライブプロトタイプスとは?
ポタライブでは、まず一人で散歩作品を創り、その作品で他者の参加をつのって、集団での上演作品を創っている。だから、個人作品は公開されることはない。でも、実は一人でやるポタライブも結構面白かったりする。
そこで、いろんな人の一人ポタライブの上演と、それを元に集団作品ができていく過程のすべてを公開でやってみることにした。
神泉周辺を様々なジャンルの表現者がそれぞれのスタイルでミセていきます。

タイムテーブル
10時―12時半 各キャストが自作の一人ポタライブを上演
12時半 個人作品の人気投票をし、上位2作品を選ぶ
12時半―15時 2作品に、キャストが加わって稽古
15時―17時 集団創作の2作品上演
通し1500円
13時まで個人作品のみ1200円
15時から集団創作のみ参加500円

ご予約・お問い合わせ 
http://d.hatena.ne.jp/POTALIVE/
potalive@yahoo.co.jp
予約フォーム https://fs222.formasp.jp/w799/form2/

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。