プロトタイプを終えて(膨大です)

まず、前回のブログの続きとして。
結果:化学反応、びかーっとおこりました。大きな収穫です。

とりあず、記録みたいな、日記みないなメモにちかい文章を、どわわわと書こうと思います。

朝、8時50分ぐらい?うちをでる。よい天気。
渋谷井の頭線の西口に向かう。
人身事故などで遅れる人々を待つ間に、テキストのセリフをぶつぶつとこっそり練習(誰か気がついてました?だったら、カッコ悪い)
先週、公園の下見をしたけれど、3時間前には下見をしていないとダメだみたいなことを、岸井さんがお客さんに話しているのを聞いて、こっそり、はらはらする
インフォメーションで遅れている人々をまつ。
テキストの未消化具合が不安で、ほんとは、テキストひろげて稽古したいけど、お客さんの手前それができない。頭の中でテキストを反芻する。思い出すのに、近いカンジで。
だからでしょうか?岸井さんに「島林、ネガティブオーラでている』と言われる
ちょっとだけ、ショック。

ITO'Oさんのポタライブがおもしろい。ITO'Oさんの心のヒダみたいなのの一番最高潮の時に、お客さんたちも最高潮を迎えるような演出になっていて、感動した。(化学反応@)

昼休みにムルギーカレーを食べる。そして、公園の下見にいく。
ちょっと安心する。
そして、自分のポタライブ。
お客さんをもっと意識してやりたかったけど、ピカピカの太陽の下で演技するのに、すこし照れた。もろ、テキスト!!!っていう作品は私だけだってので、それもなんか、照れた。や、自分の中の俳優の部分を多いに使って、ちゃんと、やり通したつもりだけれど。

そして、誰の作品をやりたいか投票。
もちろん私はITO'Oさんの作品に!
しかし、何がやりたいか、まったく思い浮かばない。
ので、チャートをつくることに。ポタライブの時は、私はチャートはすっごく得意で、20個なんて軽々でて、岸井さんに『20個以上になってもいいですか?』と言って、岸井さんが『もちろんいいです。しかし、そんな質問されたの初めてです』と言われたぐらい、チャートが得意で。なのに、ぜんぜんでてこない。絞り出して、ようやく20個。
そして、身体にきょうれつな負荷がかかっているのを、ぼんやりと感じる。ヴィドフランスでかる〜く仮眠。岸井さんやってきて、チャートをみてもらう。
前も関心したけれど、岸井さんの分析ぐあい、判断のはやさに、匠をかんじる
そして!すごい言葉がみつかる(自分だけの力ではとうていみつけられなかった、ひどい言葉だ!!!わー。化学反応A)もろに、今の、自分の戯曲の悩みとか、構想とかが、反映されるぎている、言葉。『やー、これはでてこないですよ』と、岸井さん。そうだよね、自分の闇に愕然。これで作品をつくらなければ、ならない。どうすんだ?自分?
ってなる。

里美さんグループのプロトタイプ
を見る。すてきになっている。うわぉ。

そして、次の現場に向かっている最中にやりたいことが、みつかってくる。

で、実際にやってみる。
わ、作品に入り込みすぎたぞ。目がうるうるして、涙がでそうになる。
お客さんだった、里美さんに絡むと、里美さん、思わず手を差し伸べてくれる。
(化学反応B)

そして、終了。

私の出した結論:当たり前だけど、作品を考える時間、情熱はかけただけ作品に投影され、お客さんにもその深さがちゃーんとばれる

ITO'Oさんの作品が一番時間がかけられてつくってあった。
自分がきもちいいだけな作品だったら、感動はおこらなかっただろうけど、そこはもちろん岸井大輔ポタライブ受講者ベテランのITO'Oさんがそんなミスをおこすわけがない。
お客さんも、きもちよくなる構成になっている。

よし、わたしも、手抜かないで、時間たっぷりかけて、自分の新作をつくるぞ!
しかも、自分の悩みも発見できたので、ラッキー。
朝から夕方までずっと歩いていたけど、うちに帰って、自分の作品作りにめらめらめらめら立ち向かったのでした。

岸井さんありがとうございました。ITO'Oさんと里美さんしか登場させなかったけれど、サホさん根岸さん、も、とーってもすてきでした。お世辞とかじゃなくて、書きたいけれど、もう、膨大なので

余裕があったら、またブログに書きますね。
そして、なによりも、作品につきあってくださった。お客様に、感謝。

島林愛




ペッツェティーノ

あと一週間で本番です。

最近は散歩したり、戯曲書いたり、美術館いったり、戯曲書いたり、
人と会ったり、戯曲書いたり、芝居みたり、戯曲かいたり

と、戯曲書いたり、書いたり書いたりなので

意識が全部そっちへと繋がっています。
私のプロトタイプスも戯曲へと繋がるきがしています。
化学反応みたいに、びかーっって光るといいなあ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。